FC2ブログ

中国人に囲まれた日々@カトマンドゥ

2011/08/06 17:25
ナマステ。ニーハオ。
ネパールの15日間が終了しました。

ネパールでは中国人とよく一緒に行動していました。
以前インドの日本人宿に中国人が数人いて面白かったので、今回は日本人のぼくが中国人宿に乗り込んでみようと思い、立ち寄ってみたわけです。まずポカラで中国人宿にいってみたけど空室がなく泊まれませんでした。泊まらなかったけど、そこで出会った中国人と仲良くなりポカラでよく一緒に遊んだりしてました。仲良くなった子と一緒にその後カトマンドゥに移動し、カトマンドゥでは中国人宿に宿泊しました。ネパール文化よりも中国文化により触れているんじゃないかといったカトマンドゥでの日々でした。


中国人宿のドミトリー。若い人たちは英語をよく喋れます。居心地最高でした。


カトマンドゥではこの人たちとよく一緒に行動していました。男の子4人組は19歳大学生ですが、金持ち(親が)です。いろいろと騙されたりしていていい勉強になっているようでした。女の子ななちゃんは3年間の会社勤めの後に、会社を辞め旅に出ています。彼女は日本語ペラペラです。


カトマンドゥでよく飲みにいったラッシー屋。ここのラッシーを賭けて、よくゲーム等をしました。


古都バクタプル。ここの外国人の入場料は1100ルピー(約1200円)だけど、中国人は100ルピーで入れます。中国人と一緒に行けてラッキーでした。この写真、頭の数と足の数があっていません。


バクタプル。ネパールはヒンドゥー教と仏教が上手く共存してきているように見えます。


ヒンドゥー教の神様。


仏教寺院。


この日は友達の日本人も一緒に日本スタイルの温泉にいきました。中国人にとっては熱すぎたみたいです。


風呂あがりのビールはやはり最高。何ヶ月ぶりだろう。


カトマンドゥの日本食は美味しかった。みんなでよく食べにいきました。中国人に連れていってもらう中華も美味すぎです。

カトマンドゥには一週間ほど滞在し中国人といろんな話ができました。
英語の不得意なおじさん世代とはあまり話できていませんが、若い人とは面白い話をたくさんでき多くの友達ができたカトマンドゥでの日々でした。


ネパールでアジアの旅は一旦終わらせ、いよいよイギリス、ヨーロッパです!アジアはやっぱり面白かった。これからも面白い旅を続けていきます!


世界一周ブログランキングに参加しています
↓応援クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



ルンビニとポカラ

2011/08/02 18:00
ナマステ。ネパールに入って10日ほど経ちました。ルンビニ、ポカラ、カトマンドゥとまわってきました。

ルンビニはブッダの生誕の土地です。田んぼの中ののどかな土地に仏教公園を作っています。インドから入ってはじめに訪れた土地なので、インドと比べての静けさに感動を覚えました。


こちらのマーヤー聖堂の中にブッダ生誕の場所を示すマークストーンがあります。中は撮影禁止でした。


平和の火。


各国の仏教寺院があります。こちらはミャンマー寺。ミャンマー僧侶との会話を期待していきましたが、残念ながら寺があるだけで人はいませんでした。日本寺は閉まっていました。中には宿泊可能な寺もあり、韓国寺に泊まって中国寺にご飯を食べにいくのが一部旅行者に人気のようです。


周りには田んぼがひろがっています。のどかな景色の中サイクリングを楽しみました。


周りの村。

ルンビニで2日過ごした後にポカラに向かいました。

途中に乗ったバスの特等席から。


ポカラはフェワ湖という湖の周りにツーリスティックなエリアが広がっています。乾季なら8000メートル級のヒマラヤを見渡すことができるそうですが、ぼくが訪れたのは雨季、5日間ぐらいポカラにいましたが晴れたのは初日の一日だけ、けどヒマラヤは雲の向こうでした。
ポカラでは仲良くなった日本人、中国人、フランス人とよく遊んでましたが、特に何もしていません。本を読み、ゲームをし、ビールを飲むというリラックスした日々でした。


リーズナブルな日本食や韓国食レストランが多く、インドでなかなか食べられなかったこういった食事を楽しめました。何より、ビールが簡単に飲めるのが嬉しい。インドもスリランカも酒類の販売の許可を取るのが難しいのか、酒類を扱っているレストランを簡単に見つけられなかったりします。ネパールではだいたいどこの店でも飲めます。ビールの種類も豊富です。瓶一本200円ぐらいからで東南アジアに比べたら高めですが、ネパールではついつい飲んでしまってます。


ビール!


チベットのお酒と同郷の徳島県人まささん。ネパールはチベット自治区の隣です。チベット料理屋も多いです。チベット難民キャンプもあります。

前にいた国のインドがいろんな意味で強烈で、ルンビニもポカラも楽園のように感じました。
ポカラからは仲良くなった中国人と一緒に首都のカトマンドゥに移動して、中国人宿に宿泊しています。ネパールの文化と中国の文化に同時に触れている日々です。次回はカトマンドゥでの中国人との生活について書きたいです。



世界一周ブログランキングに参加しています
↓応援クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







 Home