FC2ブログ

華やかなドバイと、もう1つの側面

2011/12/30 19:56
アッサラームアクイラム。サイカイです!

ブログの更新が遅れております。エジプトのダハブというリゾート地で、ダイビングの講習に励んでいた日が続いていたためブログ書く元気がありませんでした。先日アドバンスオープンウォーターダイビングというライセンスを無事取得でき、ひと段落つくことができました。ダイビングって面白いですね。海の世界すごいです。ダハブでのダイビング生活の様子はまた後日ブログに書きます。

今回の記事はドバイについてです。イランからエジプトにやってきていますが、その飛行機の経由地のドバイで1泊してきました。
ドバイに着いて、まずカメラを買いました。トルコのカッパドキアでカメラが壊れてからすでに1ヶ月半、グルジア・アルメニア・イランでは買いたいカメラを見つけられず、ドバイにてようやくカメラを買うことができました。これまで多くの方からいろんな写真データをいただいてきましたが、ようやくまた自分で写真を撮ることができます。写真データをくれた方々、ありがとうございます。

というわけで新しいカメラで張り切って、ドバイのいろんな世界一を撮ってきました。

世界一の高さのホテル、ブルジュアルアラブ。通称7つ星ホテルです。世界一の高さにもかかわらず階数は27しかないらしいです。どれだけ豪華なんでしょうか。1泊の値段を調べる気にもなりません。


世界一の高さの建造物、ブルジュドバイ。高さ828メートルもあるそうです。展望台への入場料も高いため、下から見上げただけでした。


世界最大の噴水、ドバイファウンテン。毎晩30分おきにものすごい噴水ショーを楽しめます。ただなんで何回も見ました。


世界最大のショッピングモール、ドバイモールの中にある世界最大の水槽を持つ水族館。


ここ、サメが間近で見れて面白かった。


サメ、怖っ。


世界最長の無人運転鉄道、ドバイメトロ。先頭車両からの景色がよく見えます。


世界最大の空港ドバイ空港。この空港にたくさん設置されている時計はROLEXでした。

このような世界一がたくさんある華やかなドバイです。世界中から金が集まり、こんなすごい世界ができているんだと思います。
そして世界各国からの労働者が集まってきています。いろんな人にどこ出身かと聞いてみました。タクシードライバーのパキスタン人、ホテルスタッフのインド人、ホテルのバーで踊るパキスタン人、レストランスタッフのフィリピン人、電気屋スタッフの中国人。こんな感じで世界各国(特にアジア)からの労働者でいっぱいで、どの人がUAE人なのかよくわかりません。各国からやってきている人が、各国からそれぞれ自分たちの秩序とか文化を持ち込んで好き勝手な行動をしているように感じて、居心地よくは感じませんでした。高いホテル代払ったのになんでスタッフのインド人に腹を立てなあかんのやとか、列車に我先に乗り込んでくる人たちとか。あとサービスの質も低いのが多かったです(高い金を払えばいいサービスはもちろん受けられますが)。
華やかなドバイという側面も楽しみましたが、こういう各国からの労働者たちが集まっているという側面を強く感じ、またそれを面白く感じられたりもした1泊2日のドバイ滞在でした。


世界一周ブログランキングに参加しています
↓ランキング投票の応援クリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑お願いします!
いつもありがとうございます。









スポンサーサイト



 Home