FC2ブログ

南米最大級、オタバロの民芸品市

2012/05/18 22:14
ブエナスノルチェス。サイカイです。

南米有数の規模というオタバロの土曜市。
前回の記事で紹介した動物市を後にし、民芸品市に向かいます。



町の中どこを歩いても市が立ちならび、すごい人です。




手前が野菜。
その奥が食べ物の屋台。
そしてそのまた奥が民芸品!民芸品市にやってきました。




普段、食料とか日用品以外のものほとんど買っていないけど、この日は買い物するつもりです。




まずは帽子!
帽子だけはたまに買っているけど、ペルーで2つなくしちゃったんで買いたいです。




おばちゃんたちの手作りですね。
いいですね。




この変な顔のやつはペルーあたりからよく見かけるようになった。




この帽子を3ドルで購入!
さっきのおばちゃんの手作りです

他のものもいろいろ。



楽器。




この楽器、牛の角でしょうか。
太くて低いめっちゃいい音でした。




こっちは足の水筒。これも牛?




変な人形。




変な人形。
インディヘナ?




マリオとルイージ!




リュック。




ハンモック。




中でお香たくやつ。




お面。




オタバロの女性達の白いブラウス。




こっちはネックレス。彼女たちは何重にもつけてます。


さすが南米最大規模と言われるだけのものでした。
バラエティーも個性も豊かな民芸品のお店が所狭しと広範囲に立ちならんでいて、見てまわるのが相当楽しかった。

帽子の他に買ったのはこれです。



財布。1,5ドルでした。



買い物もできて満足してまたフラフラ歩いていたところ、激しい勢いで雨が降ってきました。



その後の雨上がりの空が気持ちよかった。




インディヘナのおばちゃん。やっぱり帽子は大切なもののようです。




雨が上がって商品を並べ直す女の子。




車の窓を拭くようなそぶりをしていた男の子。

やっぱりこの町好きやなーと思った雨上がりの時間でした。


オタバロを最後にエクアドルを離れて、次はコロンビアに向かいます。


世界一周ブログランキングに参加しています
↓世界一周っていうアイコンのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ありがとうございます!!




スポンサーサイト



オタバロの動物市

2012/05/17 13:19
ブエナスノルチェス。サイカイです。

エクアドル北部のオタバロでの3日目、この日は土曜日。土曜市が開かれます。
オタバロの土曜市は南米でも有数の規模で、各地から人が集まってくるようです。

市は早朝から開かれているので、早起きして出かけました。
オタバロの土曜市を有名にさせているのは、動物市と手工芸品市。
まずは動物市を目指します。



いろんなところで人だかりができています。




町全体に市が出てている様子。




そして動物市の入り口。すごいことになっています。
近づくにつれてどんどん増えていく人、それとどんどん大きく聞こえてくる動物たちの鳴き声。
市から溢れるエネルギーに圧倒され朝一の眠たさも吹っ飛びました。
テンション高く市の中を見てまわりました。




牛、牛、牛。




こちらのおばちゃんの売っている牛は数は多いけど、痩せてますね。




おっちゃん達は品定めでしょうか。




鶏。




こちらにも鶏。




こっちはヒヨコも。




鶏は飛ぶように売れておりました。




豚。
豚って、食べている姿と寝ている姿しか見たことないような気がする。




食べられる姿もありますが。
市の周りにはこういう屋台もいっぱい出ています。




ヤギ。




馬。




羊。




アルパカ。
アンデスの地域ではでよく見ます。




羊の毛と、アルパカの毛。
トラックの中に入れっぱなしで、ここで売ってはいないのでしょうか。




靴。動物じゃないけど。
日用品を売る人もいっぱい混じりこんでいます。




猫。




犬。
猫と犬は、ペットとして売られているんですよね。




クイ。
エクアドル、ペルーあたりでよく食されているネズミです。
見た目かわいいけど、クイはペットとしては売られてはいないのでしょう。





動物たちの鳴き声、におい、そして集まってきた人たちの活気。多くの生を感じた、オタバロの動物市でした。

ものすごかった動物市でしたが、オタバロの土曜市のもう1つのメインの手工芸日市はまだこれからです。
次は、手工芸品市に向かいます!


世界一周ブログランキングに参加しています
↓世界一周っていうアイコンのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ありがとうございます!!





快適なオタバロで療養を

2012/05/14 01:05
ブエノスディアス!サイカイです。

エクアドルの首都のキトでは4泊しましたが、最終日に風邪をひいて体調を崩してしまいました。
ゆっくりと治したいわけですが、キトで泊まっていた宿の居心地がよくないので、キトから100キロぐらい北にあるオタバロという山の中の小さな町に移動することにしました。

ローカルな交通機関を乗り継ぐこと3回、オタバロにやってきました。



オタバロはオタバロ族というインディヘナが多く暮らす町。
女性は白いブラウスに、紺または黒のスカートとサンダル、金色のネックレスをいくつも首につけ、頭には布。
男性は白のシャツに(この写真のおっちゃんはポンチョ着ているけど)、白いサンダル、髪を後ろでまとめて三つ編みに。
これまで見てきた民族衣装って女性だけが着ていることが多かったけど、ここでは多くの男性も昔からの伝統を引き継いでいます。




学生たちは、いわゆる一般的な制服を着ている人たちと民族衣装をきている人たちが半々ぐらい。




大人から子どもまでみんな人がいい。




キトとかグアヤキルで感じていた緊張感は全くありません。




屋台が立ち並び、安くて美味しいごはんも食べられます。




市場に行けば豊富な野菜。
屋台ばかりじゃ栄養が偏ってしまうので、1ドルぐらいで大量の野菜を買ってきて料理もします。




フルーツも美味しい。




1泊6ドルで居心地のいい宿に泊まることもできました。




オタバロがかなり好きになりました。

毎週土曜日には大規模な市が開かれています。
数日後のその土曜市までには快適なこの町で体調を整えよう。


世界一周ブログランキングに参加しています
↓世界一周っていうアイコンのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ありがとうございます!!