FC2ブログ

読書

2010/09/11 18:49
上司に退社の意思を伝えて一ヶ月半、まだ退社日が決まらずに悶々とした日々が続いております。

最近はとにかく本を読んで現実逃避というか、自分の旅をどんな感じにしようかと妄想を膨らませています。読む本のジャンルは旅関連の本が多いが、特にお気に入りの作家さんは高野秀行さん。旅関連というか、「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、誰も書かない本を書く」辺境作家。コンゴの奥地に怪獣を探しに行ったり、ミャンマーのゴールデントライアングルでアヘンを村人と一緒に栽培しアヘン中毒になってしまったりと、めちゃくちゃなことをいろいろとやっていますが、本当にどれも面白い。

高野さんの本で特に好きなのは、先述のアヘンの『アヘン王国潜入記』,高野さんが20代を過ごしたボロアパートでの日々綴った『ワセダ三畳青春記』、インドまで怪魚を探しに行こうとする『怪魚ウモッカ格闘記』。いずれもお勧めです。
スポンサーサイト



 Home