FC2ブログ

ミャンマー、予定不調和

2011/04/28 23:22
この日はバガンに別れを告げて、ゴールデンロックのあるチャイティーヨー向かった。

バガンからヤンゴン行きの夜行バスに乗り、その後いくつかのピックアップトラックを乗り継いで行ったが、遠かった。
17時バガン発のはずのバスだが、1時間遅れでやってきた。こんなことはよくあることなので何とも思っていなかったけど、バスが走り出して1時間ほど経ったころ急にバスが止まった。何かと思って外に出てみると、エンジンからモクモクと煙が出ている。これはダメやろうと思っていたら、やっぱりダメだった。

バスが止まったのは、真っ暗な闇の中。あたりには何もない。煙はなかなか止まらない。
後にやってきたバスが止まり乗り換えかと思ったら、水と氷を置いて走り去った。それでエンジンを冷却。煙がおさまったのは、バスが止まって2時間ほど経ってから。

ミャンマー人乗客がバスの方に向かい歩き始めた。乗り込むのかと思えば、みんなでバスを押し始めた。「ワン、ツッ、スリー、フォー!」かけ声だけなぜか英語でみんなでバスを押す。そしてエンジンをつけようとする。そんなんでエンジンついても怖くて乗られへんてーと思いながら見てたけど、全くつく気配がしない。何度かやってるけどやはりダメだ。

また時間が経ち、後ろからやってきたピックアップトラックを止めて、続々と乗り込んで行く。まさかこれでヤンゴンまでは行かんやろーと思いどこ行くんだと聞いてみると、飯に行くと。バスはどうするんだと聞いてみると、2時間待て、何とかすると。



2時間後。
「ワン、ツッ、スリー、フォー!」
またバスを押し、エンジンをつけようとする。やっぱりつかない。
2時間待たんとあかんかったの。別のバス呼んだんじゃなかったの。

また時間が経ち、今度は大きいトラックを止めてまたみんなが乗り込んで行く。これで本気でヤンゴンに行く気かと焦り聞いてみると、飯に行く、2時間待てと。バスはどうするんだと聞いてみると、別のバスを呼んでいると。
また飯か、ようやく別のバスを呼んだんか。

合計何時間待ったかわからないけど、深夜2時ごろようやく別のバスがやって来た。
そのバスを途中下車し、ピックアップトラックを乗り継ぎ目的地のチャイティーヨーのふもとの町に着いたのはバガンを出てから丸1日経ってから。

こういうことはいつかはあると思っていたけど、やっぱりあった。なかなか貴重な経験だった。待っている間の星空は綺麗だったし、たまたま隣にいたミャンマー人がこれ食えと自分の持っている食料半分ぐらいくれたりして優しさ感じたりしたし。まあ、ミャンマー人にとっては慣れた様子だった。ぼくはにとっては初めてなので貴重な経験やと思えるんやろうな。

こうして苦労した後にたどり着いたチャイティーヨーのゴールデンロック。なんだかすごかった。
次回はチャイティーヨーについてです!


バガンを出てから24時間ぐらい経ってから、ピックアップトラックの天井から撮った写真。ゴールデンロック見えてきたかと思ってたら、違ってた金色の岩。

世界一周ブログランキングに参加しています
↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



ミャンマー、マンダレー近郊古都めぐり。ザガイン、インワ、アマラプラ

2011/04/28 17:35
この日は一日バイタクをチャーターしてマンダレー近郊の古都めぐりをしてきました。18-19世紀にかけマンダレー周辺で遷都が何度も繰り返されたそうです。


マハーガンダーヨー僧院。何百人もの僧侶が一斉に食事をするところが見られる観光スポットとなっています。


ザガインヒル。たくさんの仏塔が見えました。


インワ。田んぼの中に遺跡が点在していました。予想以上にいいところでした。


インワはこちらの英国人と馬車をシェアして一緒に周りました。


インワの斜塔。


バナナの花。バナナが木になってるのも初めて見ました。


アマラプラのウーベイン橋。欧米人がみんな持っているガイドブック・ロンリープラネットにはこの橋を表紙に使っています。ミャンマーといえば、この橋?


ウーベイン橋は長さ1キロ以上ある古い木造の橋。もちろん往復しました。


途中出会った子どもたち。泥を葉っぱに包んで何かを作っていました。一つ一つ綺麗に作っていたので売り物かと思いいろいろ聞いてみましたが、食べ物ではなさそうだということだけわかりました。

綺麗な景色にたくさん出会え、この日もまた素晴らしい一日でした。




世界一周ブログランキングに参加しています
↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



ミャンマー、マンダレーの暑い日々

2011/04/26 22:07
マンダレーです。
暑かったです。

マンダレーはヤンゴンに次ぐ規模の都市です。ミャンマーでいろんな場所を訪れた中でマンダレーは最北に位置しますが一番暑かったです。日中42度ぐらいまで上がっていた思います。日中に外歩いてたら倒れちゃうと思い、ほとんど動かないネットカフェに行ったり、マッサージに行ったりしていました。夜も気温が下がらず、ビールとアイスクリームの消費量が多くなっていました。
これから行くつもりのインドとかさらに暑そうなので、どうなることでしょうか。


マンダレーヒルから見たマンダレー。登るの暑かった。


マンダレーヒルの頂上付近の蛇。マンダレーヒルといえばこの蛇らしく、ミャンマー人が記念写真取りまくってました。


マンダレーヒルから帰るときのバス。ミャンマーのバスはほとんど日本の中古バスです。ミャンマー仕様に一部改造?されています。


マンダレー市街にてこの看板をかかげている建材問屋さんっぽいところをいっぱい見かけました。


そのうち一件のお店に入ってみました。快く迎えてくれ、英語ペラペラのお孫さんを通訳としていろいろ話しました。儲かっているのか、ミャンマーの正月休暇中は家族でタイ、マレーシア、シンガポールに旅行に行くと言ってました。


こちらはマンダレーからバガンに向かう船の様子。14時間ほどかかりました。
熱中症になりました。水はいっぱい飲んでいたんですが、塩分を取らなかったのが原因だと思われ、汗が出ず体温が上がり気分が悪くなりました。途中で塩分が必要だと思い、塩分を取り汗も出るようになり多少はマシになりましたが。
ミャンマーには各地で誰でもただで飲める水が用意されています。壺とかに入って置かれています。衛生面が気になるので飲まなかったのですが、この船上の非常時に止むを得ず飲みました。少し茶色く濁っていたのでそうだろうなーと思っていたけど、やっぱり川の水をそのまま入れていました。

熱中症にはなったけど腹はこわしませんでした。





世界一周ブログランキングに参加しています
↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村