FC2ブログ

ノッティングヒルカーニバル

2011/08/29 21:13
ロンドンに戻ってきました。
やっぱりロンドン好きです。合計1週間ぐらいロンドンに滞在したけど、外を歩いていて飽きません。
前回行かなかったところ等に行ってきました。

ロンドン塔。入場料2000円以上もするので外から見ただけ。


タワーブリッジ。


バラマーケット。


セントポール寺院。


トラファルガー広場。


テイトモダンミュージアム。現代アートの美術館です。この写真のはピカソの絵。こっちの美術館、博物館はだいたいただです。大英博物館はあんまり好きじゃなかったけど、テイトモダンは好き。


テイトモダン。


テイトモダン。


テイトモダン。
もっとまとも?なものもいっぱいあります。


多分、先日の暴動によるもの。ロンドン今は落ち着いています。


晴れたり、雨降ったりと天気がころころ変わる。


雨上がり。


友人ののぼるくん。先日からロンドン勤務になったばかりで、タイミングよく会えました。いろいろと一緒に楽しんでいます。

今回のロンドン訪問でのメインイベント、ノッティングヒルカーニバルにいってきました。ヨーロッパ最大規模のストリートカーニバルです。

駅から降りるとものすごい人。


広大なエリアが歩行者天国になっています。いろんなところで音楽ならして、クラブみたいになっていました。クラブ行ったことないんで、よくわからんけど。
これはテンション上げていかないと楽しめないと思い、ビールを飲みながら歩き回りました。


パレード!!


チョコレート。




























ビールを飲みながら、ノリノリで楽しんできました。

このお祭りはロンドンのカリビアンコミュニティの人たちが始めたお祭りだそうです。中米系の人たちを中心に、いろんな人種の人たちがいました。ロンドンの街中を歩いていても本当にいろいろな人種の人がいます。国際的な都市で、活気があるように見えます。けど多くの移民がいることが、先日の暴動の要因の一つでもあるでしょう。

いろんな人がいる中で、刺激的な日々をロンドンで楽しんでいます。
次のお祭りは、スペインでのトマッティーナです!明後日、トマトまみれになってきます!!


世界一周ブログランキングに参加しています
↓応援クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









スポンサーサイト



ウェールズのお城

2011/08/26 19:00
アイルランドからイギリス本島に戻ってきました。

アイルランドの首都ダブリンからリバプールにフェリーが出ているのでそれに乗るつもりだったけど、ダブリンの旅行者向けのインフォメーションセンターの人に、車と一緒じゃないと乗れないと言われました。にわかに信じられなかったけど、仕方なくダブリンからフェリーが出ているもう一つの行き先、ホーリーヘッドに行くことに。どこかもよくわからないホーリーヘッド。(友人のホーリーの頭のことなど考えながら) フェリーに乗り、着いてからそこがウェールズの町だということを初めて知りました。偶然ながらイギリス連邦の4ヶ国、イングランド・スコットランド・北アイルランド・ウェールズ全てを訪れることができました。

ホーリーヘッドから次の目的地をコンウィに決め、電車で移動しました。

乗り継ぎの駅で蒸気機関車を見つけ写真撮ってたら、乗り継ぎの電車を間違えた。次の駅で降りても引き返しの電車は3時間ぐらいはなかったので歩いて1駅戻り、乗り継ぎの駅からコンウィ駅も別方向に1駅だったのでさらに1駅分歩きました。


ようやくコンウィだ。約2時間歩きました。
橋の向こうに見えているコンウィ城、世界遺産に登録されています。


コンウィ城。13世紀後半に英国のエドワード1世がウェールズ征服の拠点としてつくったお城。






アジアで見てきた、城塞や遺跡に比べるとこじんまりとした印象を受けてしまうけど、街並みとマッチしていてきれいです。




街は城壁で囲まれています。


城の周りでは、ビールを飲んでる人たちがいたり、


カニ釣りしてる人たちがいたりしました。カニいっぱい釣れてます。


イギリスで1番小さい家だそうです。

コンウィで2泊した後、今度はドルウィゼラン城という山の中の城を見にいきました。







ドルウィゼラン城。コンウィ城よりも少し古く13世紀前半に、ウェールズのスノードニア地域の王によりつくられました。13世紀後半、エドワード1世率いる英国との戦いの末、英国の手に落ちたそうです。

小さいお城やけど、周りがのどかで天気もいいんし観光客も少ないんでゆっくり読書でもしようと思ったところ、

上は虫だらけ、


下は羊とかの糞だらけ。
そそくさとその場を去ることになりました。


羊め

ウェールズ、他にもエドワード1世がつくったお城等、いろいろあります。ぼくが行ったのはこの2つだけですが、英国とウェールズの歴史を少しは感じ取ることができました。



世界一周ブログランキングに参加しています
↓応援クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








ダブリンで極度乾燥(しなさい)

2011/08/22 22:01
アイルランドの首都、ダブリンです。

ダブリンには2日間滞在しましたが、観光といった観光はギネスストアハウスに行ったぐらいであとは適当に歩きまわっていました。


歩きまわっているとやっぱりギネスの看板がたくさん目につきます。


花がいっぱい飾られていました。


バー通りも花で綺麗です。


トラムが走っていたり、


お掃除車が走っていたりします。

変なものを見つけました。

極度乾燥(しなさい)


服屋さんだ。


極度乾燥しなさい


極度乾燥(しなさい)


極度乾燥しなさい 堅い天候会社


極度乾燥しなさい運動靴
安かったら極度乾燥しなさいTシャツ買おうと思ったけど30ユーロ近くしたので諦めて、写真撮るだけ撮って出てきました。

この時期、日が暮れるのが遅いです。

これは夜の7時ごろ。


約1時間後の8時ごろ、パブでビール2杯飲んでから外に出るときれいに晴れわたっていました。


めっちゃ空綺麗。


青い空の夕暮れです。
雨は降ったりするけど、空気が乾燥していて(極度乾燥はしていません)乾燥肌に悩まされるようになってきました。

こんな感じのダブリン街歩きでした。



世界一周ブログランキングに参加しています
↓応援クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村